×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





「新選組を行く」

忠義の藩主 松平容保


NHK大河ドラマ「新選組!」の第19回のラストで、
会津藩主松平容保公と会津若松市が紹介されました。

その紹介のされ方がとても良かったので、個人的な記録の意味も込めてUPします。

全国放送でここまでの内容を放送してくれるなんて新鮮でした。


今まで撮りためた写真を使って、
テレビの放送と似たような感じでお送りします。
メインテーマ(スローバージョン)を脳内再生しながらご覧下さい。

映像 ナレーション

(福島 会津若松市)


(白虎隊士の墓)
新政府軍の会津征伐に敗れ

自害を図った 20名の

白虎隊の少年隊士たち。



(会津藩九代目藩主 松平容保)
その悲劇をを見届けたのは、

会津藩9代目の藩主

松平容保でした。

 
(京都御所・蛤御門↑)

京都守護職だった容保は、


藩の家訓

記されているように、

幕府忠誠を誓い、




その一方で

孝明天皇からも

篤い信頼を得ていました。


(容保が出陣した滝沢本陣)

容保は、

近藤亡き後の

新選組を率いる

土方とともに

新政府軍と戦いました。


累々と横たわる

会津藩士たちの亡骸は、

翌年の雪解けまで

埋葬することが

許されなかった
といいます。


松平容保の墓(院内御廟)

松平家墓所の近くに・・・




近藤勇の墓(天寧寺)

・・・近藤勇の墓があります。

容保の命により

土方が建てたと

伝えられています。

容保は新選組と同様

幕府に忠義を尽くしたのです。






松平容保の墓(院内御廟)
JR「会津若松」よりバスで「院内」下車





近藤勇の墓(天寧寺)
JR「会津若松」よりバスで「会津武家屋敷前」下車


私はリアルタイムで見られなかったのでビデオに録画していたのですが
リアルタイムで見た友人からメールがきました。

「目頭が熱くなりました。」と。

私もビデオを見て熱くなりました。

戊辰戦争から約140年経ちますが、
全国区でこんな風に放送された事ってあったのでしょうか?
なさそう。


西軍による会津藩の遺体の埋葬禁止」にまで
触れてくれるとは思いませんでした。

P.S.

NHKの方々へ。

「会津征伐」の「征伐」は、「悪者を退治すること」という意味です。
言葉はきちんと選んで使って下さい。

「家訓」は「カクン」ではなく「カキン」と読んでください。




戻る