×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




会津満喫ツアー・1

滝沢本陣〜滝沢峠(船石)



旧・滝沢本陣。国重文。

白河街道に繋がる滝沢口に、延宝7年(1679)に開設された。
歴代藩主が領内巡視や参勤交代の折に休憩をしたり、
旅装を整えたりするのに用いられた。

戊辰戦争では大本営となり、当時の藩主松平容保は
ここで白虎隊に出陣を命じた。
座敷には当時の砲弾痕や刀傷が残り、闘いの激しさを物語っています。



つまり、白虎隊はここから出陣し、滝沢峠を越えたわけです。

今から我々も同じ道筋を通ってみようと思います。






・・・目印にしていた木の道標が・・・朽ちている(^^;

滝沢峠の入り口付近は住宅街になっており
おじーさんに「どこに行くんだ?」と聞かれました。

「これから滝沢峠を越えるんですよ。」
「じゃあこっちじゃねえよ〜。あっちをまっすぐ登って行くんだ」

有難うございます。

おじーさんの方から声を掛けられるって事は・・・?

旧・滝沢峠(白河街道)
この峠は、天正19年(1591)に、時の会津領主蒲生氏郷により、
若松から白河に至る白河裏街道として開かれました。

寛永4年(1627)に会津に入部した加藤嘉明も、街道の整備に力を入れましたが
雨天や雪解け時などには泥道となって往来に困難したため、
その子明成は寛永9年(1632)から11年((1634)にかけて、
延べ8万人の人足を動員して石畳道に改修、
冬坂峠の表街道を廃止して滝沢道を表街道としました。

以来大名の参勤交代、旅人の往来などに利用されて、
大変賑わった街道でありました。




  

猫・捕獲!!



わしわしっ!!







住宅街を抜けると、そこは・・・。

時が止まったかのような、古の薫りただよう石畳の道。
参勤交代で歴代藩主や武士達が登った道です。

また、白虎隊もここを登って出陣して行きました。
どんな気持ちで登っていったのでしょうか。

しみじみ・・・。

まさか母成峠方向から攻めてくるなんて思いませんよ。
だから、若い白虎隊は出陣させる予定はなかったのです。
その証拠に、白虎隊は殿の警護をしていたのですから。


※もちろん車は通れません。






ちょっと登ると、もう山って感じ。
向こうに見えるのは背炙山?










石畳が綺麗に残っています。

かつてこの道が賑わった時代に想いを馳せつつ。

※このあたり、傾斜がけっこうキツイです。








舟石
イザナギノミコト・イザナミノミコトが会津に天降らせ給うた際、
投じられた鉾が化して八角の水晶となった。
そこで伊舎須弥神社として崇め、宮を号して八角と云う、
と言い伝えられています。
その宮というのは会津若松市内にある八角神社のことで
古くは伊舎須弥神社と呼ばれておりました。
また、神が天降る際に乗り来たった船が化して石となったのが、
この舟石であるといい、昔から名所でありました。

ハァ〜恋(鯉)の滝沢
舟(鮒)石越えて
親は諸白 子は清水


↑この唄については「民謡会津磐梯山」のページ参照。


 

戊辰戦争で西軍が滝沢峠を突破して攻めてきたとき、
この舟石の上で切腹して果てた会津藩士がいたそうです・・・。







紅葉にはちょっと早いですが
すっかり秋です。
暑くも無く寒くもなく・・・。





次へ